FC2ブログ

プロフィール

ひろみん

Author:ひろみん
奇跡と魔法の世界の
ナビゲーター☆

『魔法のメルマガ』配信中♪

↓ のぞいてみてね~☆
夢を叶える♪奇跡と魔法の学校(セミナーやってるよ♪)
ゆいまーるHADOラボ
ゆいまーるの学校
癒しとヒーリングの森


最新記事


カテゴリ


CalendArchive


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
わんこや、その他の存在たちとお話ししていると、

「その声はどんな風に聴こえているの」とよく聞かれます。



私の場合は、声(音)が、実際に外側から聴こえてくるのと、

あとは、心の中に、言葉が聴こえます。(浮かびます)

それから、相手の想いや体の状態が、ダイレクトに自分の中に伝わってきます。

(どのように感じ取れるかは、人によって少しずつ違うのですが、

私の場合はそういう感じです



   
      ん・・・・

      人によって違うの・・・
      

って、疑問に思う方もいるかもですね。



そう 人によって、感じ方は違うんです




ここで、ちょこっと、自分がわかっている範囲で説明してみたいと思います





人間には「五感」と呼ばれる感覚があります。


五感とは、


見る

聞く

嗅ぐ

味わう

触る(温かいとかざらざらしているとか) 


ですね




私たちは、周りの世界を、この五感を通して、知覚・認識しています。


そこにあるものを、五感の感覚に変換して、感じているんです。




たとえば、あなたが赤ちゃんだとして、

生まれて初めて、「イチゴ」に遭遇したとしましょう。



するとまず、赤ちゃんは、視覚を通して、それを認識します。

赤くて、黒い点々があって、大きさはこのくらいのもの。



そして手を伸ばして、触ってみるでしょう。

ぶつぶつした感じがして、強く握ると、ぐにょっとする。冷たい。



そしてあたりに香りが広がります

嗅覚でも、それがどのようなものかを認識できます。



最後に口に持っていって味わうかもしれません。

こんな味、はじめて~~



隣でお母さんが、「イチゴ」おいしいね~

「おっきなイチゴだね~」

「イチゴ、もっとほしい?」と言葉がけをしてくれると、

「イ・チ・ゴ」という音を何度も耳にします

そのことによって、そこにあるものと「イチゴ」という響きが結び付いて認識されます。



そんな感じで、赤ちゃんは、そこにあるもの=イチゴを、

五感を通して認識していきます。





イチゴのお話は、目の前に実在しているものをどのように認識しているか、

というお話なのですが、

私たちが、通常は目に見えないものを見たり、聞こえないものを聞いたり、

そこに物体としては存在していないものを感じたりする時も、

イチゴを目の前にした赤ちゃんと同じように、五感を通して、それがどのようなものかを認識しています。



(通常見たり聞いたりできないものをキャッチする感覚を、

五感と区別して、第六感、第七感と呼んだりもしますが、

これらは五感をさらに研ぎ澄ませた感覚のことで、五感の延長線上にあります)

↑ つまり、五感と同じようなもの



私たちは、自分の周りにあるものを、まず最初にエネルギーレベルで受け取り、

そのあとで、それを、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚という五感に変換して、知覚しているのですが、

この変換の時に、人によって、ちょっとずつ違う変換をするんです





たとえば、私は、日頃から、聴覚を優先的に使っているので、

どんなものでも音として感じやすいです



でも、同じものを目の前にしても、視覚の感度がよい人は、

それをビジュアル的に感じとったりします。






たとえば、チャロ(我が家のわんこ)が、

お腹を上に向けて「なでなで」「いーこいーこ」してもらっているとき、

ふとチャロに意識を向けると、



私の場合は、チャロの気持ちが、声に変換されて聴こえてきます


「あぁ~~気持ちいぃ~」

「うれしぃ~」




でも、もし視覚の感度がいい人の場合だと、

それを、視覚的な感覚に変換して認識したりします。



たとえば、チャロのオーラがピンク色だ とか、

胸のところに、ハート型の光が見える、とか。





触覚を普段から優先的に使っている人は、

胸のあたりが、ふわ~っとなって広がっていく感じがする、とか

温かくてぽわぽわしたものを感じる、という風に表現したりします。





同じように、嗅覚や味覚を通しても感じとることができます。




人は、一度にいくつもの感覚を同時に使っているので、

「この感覚だけしか使っていない」ということはないのですが、

それでも、人によって、メインで使っている感覚、というものがあり、

それぞれの感覚をどのくらいの割合使っているかは、人によって違います。




そのため、同じものにアクセスしても、人によって違う形で感じられます。






う~む・・・・


少しは説明になってるかな・・・




続きはまた次回~~





もしよろしければ、ぽちっとしてくださるとうれしいです♪

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


検索エンジン一括登録<無料>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。