FC2ブログ

プロフィール

ひろみん

Author:ひろみん
奇跡と魔法の世界の
ナビゲーター☆

『魔法のメルマガ』配信中♪

↓ のぞいてみてね~☆
夢を叶える♪奇跡と魔法の学校(セミナーやってるよ♪)
ゆいまーるHADOラボ
ゆいまーるの学校
癒しとヒーリングの森


最新記事


カテゴリ


CalendArchive


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 わんこや動物たちと、楽しくお話 

ちっちゃな子供たちは、み~んな、これがとっても得意



我が家の子どもたちも、幼い時は、

いろんな動物や鳥さんと、いつもお話ししていたようでした。




息子が3歳だったある日のこと


私は出かけなければならない用事ができて、

息子を、友達のおうちで預かってもらっていました。



用事が終わってお迎えに行くと、

息子が大急ぎで走って飛び出してきて、

「ママ、ママ鳥さん、おなかがイタイ、イタイって・・・」

と、つたない言葉で、一生懸命伝えてきます。



それを聞いた友達は、

「えっなんで鳥が言っていることがわかるの

たしかに、今朝から下痢が止まらないから、心配していたのよ~

ずっと鳴き続けているから何かと思ってたんだけど、おなかが痛いって言ってたの

と、びっくりな様子。


きっと、ずっと、鳥さんが「イタイ」っていうのを聞いて、心配していたんだね。





子どもが3~4歳くらいまでの間は、同じようなことがしょっちゅうあって、

「子どもたちは、みんな、いろんな動物たちや、花や雲や風や、目に見えない人たち、

それから、周りの大人の心の中の声と、いつもお話ししているんだな~っ」て

改めて教わりました。



子どもにとっては、そうやっていろいろな存在と話をすることは、

きっとごくごく自然なことだろうから、

あえて訴えることはそんなにないかもしれないけど、

大人の側に、それを聞いて共感してあげる準備があれば、

いろいろとお話ししてくれるかもですね





でも、これって、子どもたちだけができることじゃないんです



私たちだって、かつては、素直で純粋な、かわいい(笑)子どもだったはず



たとえ大人になっても、ちょっと子ども心を思い出せば、

昔とおんなじようにできちゃうよ




鳥さんや、わんこやそのほかの動物たち、それから、目に見えない存在たちが、

み~んな、あなたと繋がっていて、あなたの一部なんだってことを、

なんとな~くでも、感覚的に思い出せたら・・・・・ネ





もしよろしければ、ぽちっとしてくださるとうれしいです♪

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


検索エンジン一括登録<無料>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。