FC2ブログ

プロフィール

ひろみん

Author:ひろみん
奇跡と魔法の世界の
ナビゲーター☆

『魔法のメルマガ』配信中♪

↓ のぞいてみてね~☆
夢を叶える♪奇跡と魔法の学校(セミナーやってるよ♪)
ゆいまーるHADOラボ
ゆいまーるの学校
癒しとヒーリングの森


最新記事


カテゴリ


CalendArchive


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が家には、11歳の女の子のわんこ(名前はチャロ)と、

同じく11歳の女の子のにゃんこ(名前はクーちゃん)がいます。


チャロやクーちゃんとお話しするのは、とっても楽しい&おもしろい&教わることがいろいろあります



今日はチャロのお話しから・・・

      チャロ♪



この前、チャロが両目が痛くて、ぐったりしていた時のこと・・


いつもは家の外にいるのだけれど、

この日からしばらくの間は、おうちの中で一緒に過ごしていた。



チャロのそばにいくと、

「手当して」と言って、すり寄ってくる。

目に軽く手を当ててヒーリングすると、とっても気持ちよさそう。



でも、ヒーリングをしていると、

チャロから、悲しみがいっぱい伝わってくる・・・



私:「チャロ、どうしたの


チャロ:「みんなに、私の伝えたいことが伝わらないの・・・みんなわかってくれない・・・」


私:「えそうなの

   あぁ・・・ごめんねっっ

   チャロのお話、ちゃんと聞いてあげてなかったんだね。ごめんね

   どうしたの話して


チャロ:「私はみんなに伝えたいの。

     『みんな悪くないんだよ』って・・。

     みんな、『私が悪かったんだ』って思ってるでしょ。
    
     ママも、ゆうかちゃんもこうきくんも。。。


     でもだれも悪くないんだよ。

     だれも悪くなかったよ。

     みんな精一杯やったんだよ。

     みんな精一杯だった。


     仕方のないことだったよ。

     私は知ってるよ。

     みんな一生懸命だったよ。


     だれも悪くないよ。」




私は、チャロの言葉を聞いて、涙が止まらなくなった・・・・




4年前、私は元主人と離婚した。

離婚前、本当にいろいろなことがあって、

家族全員、とてもとてもつらい思いをした・・・。



そして、私は、子供たちに辛い思いをさせたことに負い目を感じていたし、

自分の中で、「あれ以上はがんばれなかった」などと思いながらも

やっぱり、心の奥底で、大きな罪悪感を感じていた。。




そして子供たちも、

家族の中のたくさんのもめごとの中で、

「自分が悪かった」「助けられなかった」「自分はダメだ」と

自分を責めて、自信をなくしてしまっていることを、ことあるごとに感じていた。





私 「そうだよね・・。だれも悪くなかったんだよね・・・。

   わかったよ。ありがとう。伝えてくれてありがとう」





一生懸命そう伝えても、

チャロは、ぷいっとそっぽを向いて、じっと固まっている。




チャロ:「わかってないよママはわかってない。伝わってないよ・・・」


そう言いながら、とっても悲しそう・・。


あの穏やかで優しいチャロが、じっと一点を見つめて、明らかに怒っている・・・。




私:「あ・・え・・ママ、わかってないの・・わかってない・・・」




そこから、チャロといっぱいお話しした。



チャロは、大好きなみんなが悲しんでいるのがつらいんだって

いっぱい伝えてくれた。



「みんな自分のこと、責めてる。

そんな風に思わなくていいよ。

みんな悪くないよ。

みんなとっても優しいよ。

私はみんなが大好きだよ。

心から愛しているよ。」




チャロとお話をしているうちに、

私はチャロに対しても、ずっと罪悪感を抱えていたことに気付いた・・・。




離婚前、家庭の中は本当にもうどうしようもない状態になっていて、

息も絶え絶えの状態だった・・。

フラフラになりながら、家のことと仕事を続けながら、

なんとか普通の精神状態を保とうと努力していたけれど、もうぎりぎりの状態だった。



子供たちのことも、チャロやクーちゃんのことも

十分にみてあげることができず、寂しい思いや辛いをたくさんさせた。



当時は、子供たちやチャロやクーちゃんに辛い思いをさせていると思うと、

胸が締め付けられるように苦しくなり、体が震え、息ができなくなっていた・・・。





チャロと一緒に、泣きじゃくりながらいろいろ話をした。

あれこれ話しているうちに、

私の中に、ようやく、はっ!と気付きがやってきた・・・。



「そうだね・・・

そうだったよね・・・。

だれも悪くなかった。

だれのせいでもなかった。

だれも、だれかを傷つけようと思ったわけじゃないんだ。

お互いに大切にしたくて、でもできなくて、

それで苦しんでいたんだよね・・。


みんな本当は仲良くしたくて、本当は愛していて

でもうまくいかなくて、

それでみんなそれぞれに、自分のことを思いっきり責めていたね。。。


だれも悪くなかった。

だれも悪くなかった。

これでよかったんだ・・・・



チャロ、教えてくれてありがとう

教えてくれてありがとう



大声で号泣しながら、心の底から、本当にそう思った・・・。



だれも悪くない・・・




そう思った瞬間に、チャロは、ホッとした顔になり

「よかった・・」と言って、ぐったりと横になった。



チャロ・・・

痛くて辛いのに、必死で伝えてくれてありがとう・・・


いっぱい悲しい思いをさせてしまってごめんね。

ありがとう!!!



チャロはいつどんな時も、「大好きだよ」って伝えてくれる。

いつも私たちの気持ちを全部わかった上で、

そっとそばにいてくれる・・。



悲しいとき、辛いとき、

いつも話を聞いてくれるチャロ・・・



ただただだまって「うん。うん。」って聞いてくれる。

そして、手や顔をぺろぺろしながら

「大好きだよ」って伝えてくれる。



みんなもチャロが大好きだよ






もしよろしければ、ぽちっとしてくださるとうれしいです♪

人気ブログランキングへ





スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


検索エンジン一括登録<無料>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。