FC2ブログ

プロフィール

ひろみん

Author:ひろみん
奇跡と魔法の世界の
ナビゲーター☆

『魔法のメルマガ』配信中♪

↓ のぞいてみてね~☆
夢を叶える♪奇跡と魔法の学校(セミナーやってるよ♪)
ゆいまーるHADOラボ
ゆいまーるの学校
癒しとヒーリングの森


最新記事


カテゴリ


CalendArchive


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、セッションのたびに、施術をさせていただくヒーリングがあるのですが、

それがありがたいことに、とってもよい結果につながっています



そのヒーリングは、何をさせていただくかというと・・・・



実は、なんにもしないんです。。。



というか、「治療をしない」んです。

治療はしないのですが、結果として症状が(スムーズに、好転反応なく、早く)よくなります。




こういった関わりをさせていただけるときは、自分が、自分の魂とつながっているとき。



自分の魂とつながると、全てが愛おしくてたまらなくなるのですが、

目の前にいる方の(=自分の)症状の根っこになっているものが、

もうひたすら、愛おしくて、大好きで、

この痛みを分かち合えること、一緒に感じられることが、この上ない喜びだと感じて、

ありがたくて涙が止まらなくなります。



その時には、痛みや不調の原因を「取り除こう」とか「治そう」という意識はまったくなく、

ただただ、悲しみやつらい気持ちや、あらゆる痛みを、

一緒に抱きしめて感じながらそこにいる。

「私は、この痛みに出会いたくて、ただ一緒に痛みを感じたくてここにいるのだ

と感じて、愛おしさとありがたさとで胸がいっぱいになります。




でも、その大好きな痛みのことが愛おしくてひたすら抱きしめていると、

いつの間にか、その痛みは消えてしまって、なくなってしまう・・・。



なくなることを意図しているのでは全くないのだけれど、消えていってしまいます。





先日、自分の中に「原罪」って言葉が出てきたけれど、

やっぱり、まずは、自分の中にあるものすべてを、

自己批判したり、言い訳したり、ごまかしたりせず、ちゃんと見てみる。

ちゃんと真正面から向き合って、しっかり見る。


そしてそれを、すべてOKとして、愛をもって受け入れること

そのままでいいと受け入れ、そのままの姿を愛すること



それが、「癒し」「ヒーリング」ということなんだなぁ~と改めて感じています♪







もしよろしければ、ぽちっとしてくださるとうれしいです♪

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

「幸せになるのはもったいない!?の続きです


今度は、かゆみの出てきた左のすねに意識を向けてみました。


すると、そこに真っ黒な球が・・・



それはどうやら、自分だけじゃなく、ご先祖様やそれ以外の人たちも含めて、

みんなの叫びのようでした。



私が黒い玉に気付くと同時に、脚をマッサージしてくれていた主人が

「うわぁ・・すごい耳鳴りがする・・(>_<、)」と。。。





「あぁ・・もうこの球を手放したい・・・」

そう思うと、すねに強烈なかゆみが・・



その黒い玉をよ~く見てみたら、強い「罪悪感」が見えてきました。




「罪悪感かぁ・・・。それはもう手放してもいいんじゃないかなぁ・・・」

そう思った途端、さらに強烈なかゆみが・・・

もうほとんど「叫び」って感じ。




その黒い玉をもう一度感じてみたら・・・



突然、「原罪」という言葉がせまってきた。

(私は昔からこの言葉や考え方に、すごく抵抗感があるのだけれど(>_<))





なぜ自分がここにいるのか。

なぜこの世界を体験しているのか。この夢を見ているのか。

その本当の理由を反省して改めない限り、次には進めない。


・・・って言葉がやってくる・・・。





「罪悪感なんてもたなくてもいいんだよ。

誰も悪くないよ。人はみんな素晴らしいんだよ。」


それはもちろん真理ではあるけれど、

そういうきれいな言葉でまとめて、自分を顧みることを全くせずに

向き合うことから逃げているなら、ちょっと立ち止まる必要がある。



自分がなぜここにいるのか、これを体験しているのか、

本当の意味でそれを直視して、そこから学ばずに、

わかったような表面的なことばかり言っていても何にもならない、という感覚が

強くやってきました。

(これは私だけでなく、この世界にいる人たち全てがそうだと感じました)




たとえば、過ちを犯してしまった人が、ろくに反省もせず、

「すべては必要で悪くないんだよ。罪悪感なんて持つ必要がないよ。」

って思っていたとしたら、それは自分をごまかして逃げているだけになってしまう。




自分の中に何があるのか、自分が何を選択しているのか、何をしてきたのか、

それを直視せず、認めることをしないで、

「早くよくなりたい。よくしてよ。」

「誰も悪くない。私も悪くない。すべてのことはOKでしょう」

「私たちの本質は光なんだから」

そんなうわべだけのことを言っていては、本末転倒。



まずはしっかりと懺悔して、心を改めることが大切だという

感覚がやってきました。



イメージの中で、

刑務所に入っている人が、

「だから、もう、反省してるってば。」

「はいはい。すみませんでした。反省したからもういいでしょう。

こんなところにいつまでもいられないよ。もうわかったから、そろそろ出してくれよ。

ここから出たらちゃんとやるからさ。」

なんだか、そんな風に言っている姿が浮かんできました。



自分の過ちを心から反省せずに、ただ、裁判をどんなふうに切り抜けようか。

どうすれば罪を軽くして早くここから出られるか、といったことに意識が向いている感じ。




本当の意味で反省し、自らの過ちを悔いて、大切なことに気付き、心を改める、という

ことをしていない姿が、そういう象徴で出てきたようでした。




これまで、すごくつらい状況に陥ったときに、

高次のマスターたちから、よく「心から懺悔をしなさい」

「懺悔のワークをしていくといいですよ」とアドバイスをもらうことが多く、

実際に、懺悔のワークをしていくと、現実の問題がどんどん楽になっていくことを

経験してきました。



※ 同時に、罪悪感というのは、事実を直視していないことから起こってくるのだと、

マスターたちは教えてくれました。

本当は、何をしたとしても、少しも悪いことはない。

でも、事実をまっすぐに見ないでいると、おかしな罪悪感にさいなまれるようになる。

その罪悪感を解くためには、懺悔(謝ること)が一番だと教わりました。





自分がやってきた(やっている)ことを素直に認めること。

そしてそこに過ち(偏り)があると思ったら、素直に反省して改めること。



そのことをせずに、ただ「治りたい」「解放されたい」」「光に導かれたい」というのは、

本末転倒なのだと、ようやく理解した気がしました。




ただひたすらに、自分を顧みて反省したら、そのあとに本当の意味での解放がある。

本来の光の姿に戻れる。




そう思ったら、脚のかゆみがすぅ~っと治まっていきました。


脚さん、体さん、

今回もいろいろと教えてくれてありがとう~~~~







もしよろしければ、ぽちっとしてくださるとうれしいです♪

人気ブログランキングへ

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

10年ほど前から、脚にアトピー性皮膚炎があるのだけれど、

これがかゆくて、とってもツライんですぅ~



私の場合、脚がかゆくなるたびに、ついつい

「あ~、もういい加減に手放したいよ~~~。もうやだよ~~~。」

って気持ちでいっぱいになっちゃう



※ 体に症状が出た時に出てくる感情は、実は、その症状ととっても深い関係があります

(私の場合はどうやら、「もういやだ」っていう気持ちを溜め込んでいるために

症状が出てるみたい




これまでに、ヒーリングや波動治療、瀉血など、

いろいろな働きかけをしてきたのだけれど、

そのたびに、一旦、治癒するものの、しばらくするとまた出てきちゃったりして、

気が付くと、10数年もたってしまいましたぁ~およよ。。。




アトピーを通して、自分が何を表現しているのかわからないまま、

長年来てしまったのだけれど、この間、意外な2つのことに気付きました





先日、食後に脚が、すっごくかゆくなってきてしまったので、

主人に、脚をさすってもらっていたときのこと。

(自分でさすると、ひどく掻き崩してしまったりするので、

主人にマッサージしてもらっています)




脚をマッサージしてもらいながら、

「どうしてなかなか治まらないんだろな~。」と、自分の内側に焦点を当ててみると、

あることに気が付きました。




「この症状も含めて、今抱えているいろんな問題を全部手放して、光の中に入っていく」

と思うと、ものすごい抵抗感が・・・(>_<)

「全部手放して、光の中に入ってしまったら、もう物語が終わってしまう・・。

そんなのつまらない。全てが終わってしまうなんて、もったいない

せっかくここまで、気の遠くなるくらい長い時間を費やしてきたのに、

あっけなく終わってしまうのはつまらない




え・・・つまらない・・・


まさかそんなことを思っているなんて~~~





つらい思いを全部手放して、光の中に入ってしまったほうが、

楽しいに決まっているし、楽に違いない

もちろん、それはわかっているのだけれど、

まだ、先に大切に置いておきたい感じがする・・・。。。



えぇ~~~~(>_<)なんでぇぇぇ~~~~



「もういやだ」なんて言いながら、

実は、「手放すのはもったいない」だなんて・・・(>_<)




その「もったいない」「終わっちゃうのはつまらない」という感覚は、

なんだか、「おいしいものを、最後まで残しておきたい」

っていう気持ちにちょっと似ている感じがしました。

最後に食べるのを楽しみにして、大事に残している感じ(^▽^;)



「好きなんだったら先に食べちゃえばいいのに~」と思ったりもするのだけれど、

「でも食べてしまったら楽しみがなくなっちゃうしな~。やっぱり少し残しておこう」

って、後回しにするのと、なんだかおんなじような感じがした。




でも、その先を見てみるとはっきりとわかるのは、

仮に、たとえ食べちゃったとしても、それで終わりじゃない。


たしかに、一つの区切りではあるかもしれないけど、

これは、もっと大きな物語の中の一章に過ぎない。


たとえ、そこで光の中に入っても、そこで終わりではなく、

そこからまたもっともっと大きな光に向かって歩いていく。

もっと大きな光に近づいていく。




それを感じて「なぁ~んだ。そうか。それなら早く入っちゃったほうがいいよね

そう思ったら、右足のかゆみが、ぴたっと落ち着いた




でもそうしたら、今度は左足に強いかゆみが・・・



左足に意識を移してみると・・・

またまた意外なことに気付いたぁぁぁ~~~~

(続く)






もしよろしければ、ぽちっとしてくださるとうれしいです♪

人気ブログランキングへ

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

今日、足のマッサージをしていたら、

親指の付け根のあたりに、直径1cmほどのガングリオンちゃんが

突然、登場していることに気付いた



あれれ~

数日前までなかったのになぁ~~~




ガングリオンというのは、手首や足首、関節などにできることの多い

ちょっと硬めのぷっくりした突起物。(良性のもの)




医学的には、発生する原因や治療法は、まだわかっていなくて、

痛みがある場合は、病院に行くと、注射器などで、

中に溜まっている液体を吸い出すみたい。



足にできたガングリオンちゃんは、押しても全然痛くないので

放っておいても、もちろん大丈夫なんだけど、

せっかく現れ出てきてくれたガングリオンちゃん



何か言いたいことがあるみたい。



「どうしたの」って聞いてみる。



そしたら「誰もわかってくれない。一生懸命やっても全然わかってもらえない。

だからもう、他の人やみんなのことばかり優先するのはイヤだ」

って、怒ってる





そうそう



数日前、中学生の娘の態度に「そりゃないでしょ~!」って

腹が立って、口げんかになった。


お互い言いたいことを言った後で、いろいろなことを思ったけど、

最終的には「もういやだ!みんな自分勝手なことばっかり!

自分のことしか考えてない。みんながそんな風に自分勝手なら、もういいよ。

私だって、もっと自分のことを優先するんだからぁぁぁ~~~

って、思ったんだった(^▽^;) はは・・




「私」と「周りの人たち」

どっちもおんなじくらい大切にできたら、一番いいんだろうけど

私の場合、すぐにバランスが崩れてしまって、

他の人優先に偏ってしまう・・・


それが重なりすぎると、勝手に「自己犠牲」みたいに感じちゃったり、

自分に負担がかかりすぎたりする。

誰もそんな風にしてくれって、頼んでないのにね~~




数日前の出来事も、それを改めて教えてくれた ありがたい出来事でした



気持ちが落ち着いてから、娘に

「ママさぁ~、これからはもっと自分のこと優先するようにするよ」

って言ったら、「うんうん」とうなずいて、なんだか嬉しそうでした




ここ数年来の、おっきな課題はソコ。



でも、これでも以前よりは、ずいぶんと、

自分のことも優先できるようになってきた




数日前は、改めて

「もっと自分を優先しよう大切にしよう」って思った

ありがたいタイミングだったんだけど、

体さんも、叫んでいたのねぇ~~~~




症状を出して手放そうと頑張っている体さんと、

全身でそれを表現してくれている足の細胞さん(ガングリオンさん)を、

とっても愛おしく感じました




もっともっと、自分のことを大切にして、

いっぱいいっぱい愛せるようになるからね~~

待っててね~~~








もしよろしければ、ぽちっとしてくださるとうれしいです♪

人気ブログランキングへ




テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

さっき、スクールの生徒さんから、

「歯が痛くてがまんできないよ~」と連絡が入った



歯の痛みって、ホント、激痛だもんね

歯医者さんに行ってもどこも悪くない、って言われたみたい。



そこで、なぜ歯が痛くなっているのか、

痛みが出ている「歯」さんに聞いてみました。



そしたら・・・、


「歯」と「歯ぐき」さんが、泣いてた・・・え~ん


特に、歯さんがね、「苦しいよ~~・・・。私は何の役にも立ってない。できてない。」って、

とっても悲しそうに泣いてた。




「どうすれば痛みが引くの?どうすれば楽になる?」って聞いたら


「私が私らしく生きることを決められたら」

「わくわくするような未来に向けて一歩踏み出してほしいんだ」  って。




確かに今、彼女は、ヒーリングサロンを開設しようとしてがんばっているところ。

でも、なかなか本気で踏み出すのが怖くて、無意識のレベルで抵抗感があるみたい


だから、「私は何の役にも立ってない。できてない。」っていう、彼女の抱える悲しい想いを

「歯」さんが、代わりに泣いて訴えてくれていたんだね。





「歯」のトラブルは、

「何かをやろうと(心の奥底では)決めているのに、やっていない」時に、

出てくることが多い。


虫歯になったり、変なところから歯のようなものが出てきたり・・



「歯ぐき」のトラブルも同じ。(「歯」のトラブル時よりもっとせっぱつまった状態)



「やったほうがいい」とわかっていて、「やろう」とも思っているのだけれど、

あれこれ理由をつけて、やらないでいる時に、

歯や歯ぐきさんは、全身を腫らせてまでも訴えてくれる



体さんって、いつも本当に純粋で一生懸命・・・

あぁ・・ありがたや~~~




「歯」や「歯ぐき」が痛いときは、

「やろうと思っていたけどまだやってないこと」を探してやってみると、痛みが治まってくる

(特別大きな内容じゃなくても、「パソコンを買おうと思いながら買ってない。」とか

「部屋を掃除しようと思いながら掃除していない」とか、

そんなレベルのことでも、痛みや症状を出して教えてくれたりする)




そこで、彼女の「歯」さんに、次のことを伝えてみました。


「大切なことを教えてくれてありがとう

あなたからのメッセージをちゃんと彼女に伝えるね

きっと彼女は気付いてくれると思うから、

もう、痛みとして教えてくれなくても大丈夫だよ

必ずちゃんと伝えるからね。ありがとう





そして、彼女に「歯」さんからのメッセージを伝えたら

「やっぱりぃぃ~~~」と悶絶していた。



マスターたち(高次の目に見えない存在たち)からも

より詳しくメッセージの形で情報が降りてきたので伝えたら、

「読んでて涙が出てきた~

ほんとに 早く気づくように 体が教えてくれてるんだね。

勇気出して、がんばってやっていきます

とのことでした




歯さんの想いが彼女に通じてよかった



歯さんの痛みのおかげで、

彼女のサロンがよりいっそうステキなものになって

彼女の人生がよりいっそう輝いていく気がする




歯さん、ありがとう、ありがとう、ありがとう~~~




日頃から、自分の身体のいろんな部分や臓器や細胞さんと

いっぱいいっぱいお話して、仲良くできたらステキだね



身体さんからのメッセージを聞く方法と調子を整える方法については

また今度詳しく書きますね~~






もしよろしければ、ぽちっとしてくださるとうれしいです♪

人気ブログランキングへ





 | BLOG TOP | 


検索エンジン一括登録<無料>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。