FC2ブログ

プロフィール

ひろみん

Author:ひろみん
奇跡と魔法の世界の
ナビゲーター☆

『魔法のメルマガ』配信中♪

↓ のぞいてみてね~☆
夢を叶える♪奇跡と魔法の学校(セミナーやってるよ♪)
ゆいまーるHADOラボ
ゆいまーるの学校
癒しとヒーリングの森


最新記事


カテゴリ


CalendArchive


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★--------------------------★
   ”大きな自分”に気づく
★--------------------------★

だれにでも、
どうしたらいいかわからなくなる時や、
もうやめてしまいたいと思う時、
世界にひとり取り残されてしまったかのように、
身動きが取れなくなってしまう時が、
あるよね。


そんな時には、
大きな深い呼吸を一つしてから、
自分の内側に目を向けてみよう!


するとそこには、
これまでどんな時も、
決してあなたを見捨てることなく、
あたたかいまなざしで見守り続けてきてくれた
「大きな自分」がいることに気づくよ。


つらい時には、
いつもあなたを見守ってくれている
「大きな自分」に気づいて、話をしてみて♪


きっと、あなたを温かく包み込んで、
こころに響く魔法のことばを
投げかけてくれるよ♪



★-----------------------------★
  ”大きな自分”とお話するコツ
★-----------------------------★


【1】自分の素直な気持ちを体で表現してみよう!

今のあなたの気持ちを表わすポーズをとってみてね。

たとえば・・
膝を抱えてうずくまってる感じ。
両手を広げてのびをしている感じ。など。


【2】私のことを見ている私は、どこにいるかな?

「ポーズをとっている私」を見ている私は、どこにいるだろう?

たとえば・・
私の後ろにたっている気がする。
頭の上から見ている気がする。など。

→それが「大きな自分」だよ♪


【3】大きな自分からメッセージをもらおう

大きな自分がいる場所に行って、
「ちちんぷいぷい♪大きな自分になった」と声に出してね。
そして、大きな自分になったつもりで、
目の前の、ポーズをとっている自分に、声をかけてあげよう。
自分になんて言ってあげたいかな?

→それが「大きな自分からのメッセージ」だよ♪



スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

昨日は、幸せ探し について、思うことがあったのですが、

今日は、「自分探し」について、2つの興味深いお話を聞いたので

シェアさせてもらいたいと思います~




まず一つめは、あるインドの聖者さんの、「自分探し」についての例え話なのですが、

例え話の概要は、だいたい以下のようなものでした。

(うろ覚えの要約なので、もし少し話がずれてしまっていたらごめんなさい



**************


このアシュラム(寺院)にいる人が、私にこのように聞くんです。

「〇〇アシュラムはどこにあるんですか?」って。


私が、「あなたは、すでに〇〇アシュラムにいますよ。

ここが、〇〇アシュラムですよ。」と言うと、


その人は、「いやぁ、そうなんだとは思うんですけど、

でもその実感がないんですよね(>_<)わからないんです。」と言う。


そういう人には、私は次のように説明します。


「では、ここを出て、一つ目の角を右に曲がって、また次の角を右に曲がって、

あー行って、こー行ってごらんなさい。

そしたら△△行きのバスがありますから、それに乗りなさい。

そして、△△に着いたら、そこから今度は、逆方向のバスに乗って、

〇〇アシュラム前で降りてください。

バスを降りたら、あー行って、こー行って、そして一つ目の角を左に曲がって、

次の角も左に曲がって、さらにまっすぐ進むと、〇〇アシュラムがありますよ。」と。



そうしたら、その人は、

「あぁ!ありがとうございます!わかりました!行ってきます!!」と

喜び勇んで、出かけていく。




そして、一通りぐるっと回って戻ってきて、

「やったぁ!私は〇〇アシュラムに着いた!私は〇〇アシュラムにいるんだ!」って

大喜びするんです。



最初から、ちゃんとアシュラムにいるのに、それを確認するために、

わざわざ遠くまで行って、ぐるっと回って戻ってくる。

そして「あぁ!やっと見つけた!!」って(笑)


**************



この話を聞いたとき、自分もほんと、そんな感じだなぁ~~って

思わず笑ってしまいました(^▽^;)



私たちって、自分の状態を確認するのに、

わざわざ、めんどっちぃことをしないと感じられないのかもしれない





「人は誰でも、愛そのものの存在だ」とか

「神は自分の内にある(自分=神)」とか、

「全ては一つ。私は宇宙。私は地球。あなたは私。私はあなた」とか

いろんな話があるけれど・・・。


でもそう言われても、やっぱり全然、実感として感じられなかったりする(^▽^;)



だから、わざわざ「自分は何か」を探そうとしたり、

「本当の自分」なんていう妄想を追いかけて、旅に出る(笑)




でも、何事も、体験を通さないと、実感できないし、

その旅を経ることで、実感できることがあるなら、それはそれで楽しい旅だよね






「自分探し」について、もう一つ、

興味深いお話を聞いたので、そちらもご紹介しま~す





12世紀、ペルシャの吟遊詩人の

ファラド・ウディン・アッタールファラド・ウディン・アッタールという人が

創った寓話らしいのですが、

彼は、スーフィーの長老たちから学んだことを参考に、この物語を創ったそうです。



話の題名は、「鳥の会議」



物語のあらすじは、だいたい以下のようなものです。




***********


あるとき、世界中の鳥たちが、一堂に会する、大きな会議が催されました。

会議の中で、フーポーという鳥が、みんなに向かって次のように語りました。



「はるか彼方の山の頂上にある宮殿に、「シムール」という名前の王様がおられます。

その方は神のような素晴らしい方であり、理想の王様です。

王様は、私たちが会いに来るのを、待ち焦がれておられます。

宮殿までの道のりは、長くて危険な道のりですが、

この王様に会うと、大きなご褒美と、素晴らしい恩恵が与えられ、

あらゆることが可能になるそうです。

ぜひ私と一緒に、王様に会うために、巡礼の旅に出ませんか。」




鳥の中には、次のような言い訳をいろいろと並べて、

行かない者がたくさんいました。


「私は、強くありません。それに、いつも愛を理解し、見つめています。

もうすでに、祝福された素晴らしい楽園に住んでいますので。

私は行きません。」



「私はかつて天国に住んでいました。

私は今でも天国を憶えていて、それを見つけ続けていますから。」

などなど・・・。



フーポーは、うわべだけの愛や幸せといった幻想を捨てるようにと、

話をしましたが、旅に出るのに同意したのは、ごくわずかな数百羽の鳥たちだけでした。




鳥達は、最初に、「探求の谷」に向かいます。

ここで、さまざまな困難が鳥たちに襲い掛かりましたが、

それは「この世界を捨て、所有するすべてを捨てることで、心を浄化する」ための

試練でした。





次に、「愛の谷」に向かいました。

ここで、鳥たちの欲望は火の海に投げ入れられ、燃え尽きました。

ここでの試練は、「慈愛のためにすべてをすてる」ことでした。





次に、「理解の谷」に向かいました。

ここで鳥たちは、それぞれに異なるコースを進み、

「自分自身の魂に必要な道を直観的に知る」ための試練を越えていきます。





次に、「囚われのない谷」に向かいました。

ここでは、厳しい冬の冷たい嵐が吹き荒れています。

ここでの試練は、「世俗に対する関心や欲望をなくす」ことでした。





次に、「統一の谷」に向かいました。

ここでは、侵入者たちの首が、首輪で一か所に所につながれています。

この谷では、「放浪する愚者のようになり、神の言葉を聞けるようになる」

ことが必要でした。





次に、「困惑の谷」に向かいました。

鳥たちに様々な苦痛が襲いかかり、不満が充満する中で、

自分のことさえ信じられなくなり、すべてを疑うようになりました。

ここでの試練は、「愛と信頼を取り戻す」ことでした。





次に、「貧しさと無の谷」に向かいました。

鳥たちは、足を引きずり、耳は聞こえず、心はなく、何も判断できない状態になりました。

ここでの試練は「自らを失うことで、世界が存在する秘密を知る」ことでした。





7つの谷での試練を果敢に乗り越え、鳥たちは、身も心もボロボロになりながら、

ようやく、シムールのいる宮殿にたどり着きます。



旅の途中で、多くの鳥が脱落して、

宮殿に着いたときには、たったの37羽になっていました。




フーポーは、彼らを王様の部屋に案内しました。

しかし、そこには、王様の姿はありません。



鳥たちは困惑し、怒り出しました。

「こんなに辛い思いをしてようやくたどり着いたのに!!!

王様はどこなんだ!?」




フーポーは言いました。

「皆さんにはもうわかるでしょう。「シムール」という言葉の意味が。」



その時、鳥たちは一斉に気がつきました。



そうです。「シムール」とは「37羽の鳥」という意味だったのです。

「神様」とは、試練を乗り越えてここまでたどり着いた、37羽の勇者のことでした。

そのことを理解した瞬間、鳥たちはまばゆいばかりの光に包まれ、姿が見えなくなりました。



************


人生はきっと、自分の外に、もしくは自分の未来に、何かを追い求めて、

そして最終的に、「あ 自分の中にすでに全てがあったんだ

なぁ~んだ、最初からそうだったのかぁ~~~~

もしくは、「”自分”なんてものは最初からなかったんだ・・・

な~んてようやく気付く、冒険の旅




一見、意味がないように思えても、

勇気を出して冒険に踏み出した人にしか見つけられない

輝かしいものが、その先にはきっとある




だからこの旅はやめられない



「自分探し」の冒険の旅、楽しんでいこう~~~~








もしよろしければ、ぽちっとしてくださるとうれしいです♪

人気ブログランキングへ


テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

「幸せになりたい


・・・そう思えば思うほど、私たちは、幸せじゃなくなっていく・・・




「幸せになりたい


・・・それは、「今が幸せじゃない」という宣言・・・




「幸せになりたい


・・・な~んて言ってはみても、じゃぁ、どうであれば幸せなのか、

それさえ実ははっきりしていなかったりして・・・




「お金があったら」「ステキなパートナーがいたら」
「能力があったら」「今の問題がなくなれば」


・・・幸せになれるに違いない・・・・!???




でも、本当にそうなんだろうか。



実際そうなったらそうなったで、きっと、また別の理由を探し出して、

「もっと、もっと」と、幸せ探しを続けてしまう気がするなぁ・・・




そう思いつつも、ついつい「今の私=幸せ」なのを忘れて、

それを外に探しに出かけそうになってしまう(^▽^;)



で、当然のごとく見つからなくて、

「あ~だったら幸せになれるはず」「こうなれば幸せになれるはず」

・・・なんつって、最初から見つかるはずのないものを探すのに

必死でがんばっちゃったりして・・・たはっ





どこまで行っても満足しない「不足感でいっぱいの自分」

「不安と恐怖でいっぱいの自分」

「ありのままの自分を認めてあげない自分」



もうそろそろ、卒業しよう~~~ 




「今」に幸せを感じられなければ、きっと

「この先」にも幸せを感じることはできないもんね





私が、いろいろと悩んでグズグズ言っていると、

主人が「笑って」って言ってくれたりする。



でも、せっかくそう言ってもらっても、

そんな時の私は、素直に笑うことに対して躊躇してしまう・・・(^〇^;)



なんだか「笑う理由」もないのに笑えない(>_<)

「こんないろんな問題あるのに笑えない」って思っちゃう。



何でもいいから「笑う理由」がほしくなる。

「笑う理由」「幸せと感じる理由」、ついついそれを探してしまう




でも、ホントはきっと、意味なく笑っちゃっていいんだよね

意味なく、幸せ気分になっちゃっていいんだよね






もっとバカになっちゃえばいいのになぁ~って、自分でも思うことがよくある。

幸せになろうと必死になったり、余計なことをするのをやめたら、

よりいっそう「幸せ~」って感じるのかもな~。

状況がどうであろうが、幸せな気分に浸って、バカみたいに笑っていよう




んでもって、いい人や、好かれる人や、役立つ人になろうとするのをやめて

「このまま」「ありのまま」「自然体」「等身大の自分」で、

思いっきり幸せ感じながら、毎日を過ごそう~~~~





「幸せさがし」をやめたら、すでに「幸せ」だったことに気付く。。。って、

若いころ、ダイエットを意識すればするほど、太りやすくなっちゃって、

ダイエットを辞めたら、体重が安定して太らなくなった・・・

そんなのに似てるかもな~(^▽^;)










もしよろしければ、ぽちっとしてくださるとうれしいです♪

人気ブログランキングへ







テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

昨年末に、自分の中で決めたことがあった。

「もうムリな努力はやめよう~



これまでの人生は、けっこう無理を積み重ねてやってきた気がする。

「しんどいなぁ~」「もう無理だよ~~~

たとえ体がそういっていても、そこは根性論で「いややれる

そういって、体にムチを打って、無理をして越えてきた(^_^;)




でも一方では、「本当にそんなに無理をする必要があるのかなぁ

「なんで人生、もっとラクチンにいかないのかなぁ~」という

ジレンマも同時に抱えていた。




「無理な努力は必要ないよ」「もっと楽しくやってごらん」って、

ガイドはアドバイスをくれるんだけど、、、、

でも、実際にはどうしたらいいかわからない

このやり方しかわからなぁぁぁぁ~~~い





でも昨年末、ひょんなことから、自分の中で強く思った

「もう、無理すんのや~めた

努力と根性(昭和だね・・笑)で、ムリヤリ越えようとするのや~めた


そして、パートナーに、なんだかそんな話をしたりしていた。




そうしたら、なぜか・・・



その日以降、すっかりがんばれなくなった



仕事が山積していて「あぁ・・やらなきゃ~」って思うんだけど、

がんばってやろうとしても全然続かない・・・



あれれ

なんかいつものパターンと違う・・・。

以前だったら、もっと自分に気合を入れて、だだ~っと片づけていけたのに・・・。




やらないといけないことがいっぱいあるのに

全然進まなくて、時間だけが過ぎていく・・・



どうしよう・・・




気合の入らない&がんばれない自分を責めてみたり、

先の不安でいっぱいになってきた。


「これじゃぁ、間に合わないよ~~~~どうしよう・・・」

だんだん苦しくなってきた・・・うぇ~~ん・・・




そこで、昨夜、寝るときに

「ヘルプが必要です。そのことについてアドバイスをください」と

お願いをしてから寝た。





そうしたら、今朝、起きぬけに

ダダ~っとインスピレーションがやってきて、

「あそうかぁ~

目からウロコがぼろぼろ落ちていく感じがした。




そんなやり方じゃなくて、もっと効率的で楽しい方法があるよね~



ムリをして、がんばって作ろうと思っていたアレとコレ、

よく考えてみたら別にいらないなぁ~~~~。

(絶対に必要なことだと思っていたのに、いらないなんて、ちょー意外



それよりも、こういうやり方をすればいいんじゃないかな~



なぁ~んだ!それなら簡単

作るのもきっと楽しい




「わかったぁ~」と叫んで飛び起きて、

そこから1時間ほどで、新しいやり方で、滞っていた仕事の骨子を

完成させることができた。




おぉぉぉぉ~~~

サクサク進むぅ~~~





「無理をする、努力しなくちゃできない」ってことは、

「やろうとしていることに無理がある。」

「やろうとしていることや、やり方が違う。」

「元々、やる必要がない。」

ってことなんだって、どこかではなんとな~く気付いていた気もするけど

「でもそうは言っても・・・」「でもやらなくちゃ」と

ひたすら、自分にいっぱい制限をかけてきた。





でももうそれも終わりにしよう~~~



もっとワクワクするような、ラクチンで楽しい方法で

自分のやりたいことを形造っていけばいいんだな~って

ちょっと実感することができました。




無理してがんばる・・・っていう時点で

最初からムリがあるってわかってることを、

ムリやりに、やってるんだもんね・・・(^^;)




今の若い人たちは、きっとこんな非効率なやり方は

きっと最初からやらないんだろうなぁ~




幼少期を昭和の時代に過ごした私も(笑)、

そろそろ古いパターンを手放して、

新しい考え方や、やり方を取り入れていきたいって、

すごく思いました




あぁ~なんか、背中に背負っていた荷物を

まだちびっとかもしれないけど、やっと降ろせた気がする~




まだまだ自分の中に、長年培ってきた「つらくても根性でがんばって乗り越える

っていうパターンが、しっかり根づいてしまっているけど、

これからどんどん変わっていける気がします



いやいや「気がする」ではなくて、変わっていく(*^▽^*)

すでに深いところで、何かがかなり変わったのを感じてます(*^▽^*)




2012年は、きっと自分の中のいろんな古いパターンを

新しいバージョンに変えていけるんだろうなぁ~

楽しみだぁ~~










もしよろしければ、ぽちっとしてくださるとうれしいです♪

人気ブログランキングへ



テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

 | BLOG TOP | 


検索エンジン一括登録<無料>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。